スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    B'z「LOOSE」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:44
    1spirit loose
    2.ザ・ルーズ
    3.ねがい("BUZZ!!"STYLE)
    4.夢見が丘
    5.BAD COMMUNICATION(000-18)
    6.消えない虹
    7.love me, I love you(with G Bass)
    8.LOVE PHANTOM
    9.敵がいなけりゃ
    10.砂の花びら
    11.キレイな愛じゃなくても
    12.BIG
    13.drive to MY WORLD

    シングル曲「LOVE PHANTOM」発売前に行われたツアーで、
    福岡ドームでのライブに行きました。
    そこである種燃え尽きちゃった感があります。
    このアルバムまでは買うことを決めていましたが、
    その後は気が向けば買おうかな、ぐらいに。

    嫌いになったのではなく、ライブを見たいという長年(?)の願望が叶ったことで
    満足してしまったんでしょう。
    B'zファンを卒業したという表現はしたくないのでバカ正直に燃え尽きたということで。
    何かにつけて卒業なんて言葉を最近使う輩が多いのが
    気に入らないからってのはナイショです(苦笑)。

    熱狂的な思いは醒めてしまったけど、それでもB'zは好きです。
    「ザ・ルーズ」は思わずうなずけてしまうストレートな歌詞に吹き出しました。
    私ももーちょっとある意味ルーズになんないとね。

    「LOVE PHANTOM」は先にライブで聞いただけに、かなり思い出深い曲ですね。

    B'z「SURVIVE」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:44
    1.DEEP KISS
    2.スイマーよ!!
    3.Survive
    4.Liar!Liar!
    5.ハピネス
    6.FIREBALL
    7.Do me
    8.泣いて泣いて泣きやんだら
    9.CAT
    10.だったらあげちゃえよ
    11.Shower
    12.Calling

    このアルバムは妹から強奪…もとい聞かなくなったから、と体よく譲ってもらいました。

    さすがに現役B'zファンではなくなってからの作品だけに、
    全部ぶっ通しで聞くには正直なところ若干抵抗があります。
    どうしても好きになれない曲もあるので、
    持ってはいるけどレビューは書けないかも…とずっと思っていました。

    そんな中「Survive」「泣いて泣いて泣きやんだら」「FIREBALL」「Calling」は
    プログラム再生でよく聞いてました。
    そもそも、ひょんなことからDEEP PURPLEの「FIREBALL」を買ったら、
    無性にB'zの「FIREBALL」が聞きたくなってこのアルバムを引っ張り出したのが、
    勢いでレビューまで書く気になった理由です(そっちかい)。
    なので一番好きなのは「FIREBALL」で、これだけはカラオケで歌えます♪

    久しぶりに聞いて面白いと思ったのが「CAT」。
    曲ももちろんいいけど、何よりも詞が稲葉さんらしく個性的でいいな〜と思いました。

    B'z「RUN」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:43
    1.THE GAMBLER
    2.ZERO
    3.紅い陽炎
    4.RUN
    5.Out Of Control
    6.NATIVE DANCE
    7.MR.ROLLING THUNDER
    8.さよならなんかは言わせない
    9.月光
    10.Baby you're my home

    多分「IN THE LIFE」の次によく聞いたんじゃないかな。
    どっぷりハマっていた現役B'zファンで、シングルが出たら買い、
    アルバムが出たら予約して買って、音楽雑誌を読むようになったのもこの頃でした。
    ちょうど聞きながらこれ書いてますが、あの当時と同じ気持ちで聞けます♪

    増田隆宣さんのキーボードで始まりやがてハードなギターへつながっていく
    「THE GAMBLER」で速攻でB'zの世界へ引き込まれ、
    シングルにもなった「ZERO」、そして美しいバラード「紅い陽炎」…と、
    ほとんどプログラムやランダム再生なんかしないでぶっ通しでヘビロテしてましたね。

    タイトル曲の「RUN」はのちに車のCMに使われていて、
    私の耳が確かならこのアルバムとは若干バージョンが違っていたハズ
    …や、多分間違いない(キッパリ)。サビの歌い方がビミョ〜ですが違ってました。
    そんだけ聞き込んでたもんね。

    「Out Of Control」の間奏では増田さんvs松本さんによる
    キーボードとギターのかけ合いも聞きどころで、
    「NATIVE DANCE」みたいに風変わりな曲もあれば、
    のちにどこぞの洋楽で似たよーなフレーズを耳にしてしまいそうな
    「MR.ROLLING THUNDER」等結構バラエティにあふれてます。

    で、やっぱバラードに弱いので「月光」もかなり好きでした。

    B'z「RISKY」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:43
    1.RISKY
    2.GIMMIE YOUR LOVE-不屈のLOVE DRIVER-
    3.HOT FASHION-流行過多-
    4.EASY COME, EASY GO!-RISKY Style-
    5.愛しい人よGood Night…
    6.HOLY NIGHTにくちづけを
    7.VAMPIRE WOMAN
    8.確かなものは闇の中
    9.FRIDAY MIDNIGHT BLUE
    10.It's Raining…

    ミリオンヒットを飛ばし始めた頃かな。
    ドラマの主題歌の「愛しい人よGood Night…」や
    CMタイアップ曲の「EASY COME, EASY GO!」を初め、
    この前後に「太陽のKomachi Angel」もヒットして、
    一躍B'zの知名度が上がった頃。曲の難易度も絶好調(^^;)。
    もっともその当時私自身は現役でB'zを知っていたわけではなく、
    中学生のときに友達から「HOLY NIGHTにくちづけを」と
    「VAMPIRE WOMAN」の入っていた
    テープを聞かせてもらって、それがB'zを知ったきっかけでした。
    おまけにB'z=ビーズって読めなかったし(苦笑)。

    「GIMMIE YOUR LOVE」「HOT FASHION」等の
    勢いのあるナンバーが結構あるので、
    シングル曲も含めて聞けばとほとんど退屈しません。
    この辺の曲も必死で覚えてカラオケでガンガン歌っておりました。
    「HOT FASHION」はどこでプレスするかで酸欠と背中合わせになる、
    冗談抜きで実にハードなナンバーですヨ、ぜぇぜぇ(今息切れすんな)。

    「EASY COME, EASY GO!」のイントロ(とエンディングかな)は、
    シングルはギターだけどアルバムでは同じフレーズがサックスによる演奏です。
    シングル聞いてからアルバムを買ったので、
    最初に聞いたときは全然印象が違いましたよ。

    B'z「IN THE LIFE」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:43
    1.Wonderful Oppurtunity
    2.TONIGHT(Is The Night)
    3.『快楽の部屋』
    4.憂いのGYPSY
    5.Crazy Rendezvous
    6.もう一度キスしたかった
    7.WILD LIFE
    8.それでも君には戻れない
    9.あいかわらずなボクら
    10.ALONE

    私が生まれて初めてCDアルバムとゆーものを買ったのがこれで、
    しかもレンタル上がりの中古品(ぶは)。現役でB'z聞いたのはこの頃からです。
    先にシングルで買っていた10曲目の「ALONE」が、
    自分の知るB'zの曲全ての中でダントツに好きな曲なのです。
    高校の友達と某所へ遊びに行ったとき、街中でこの曲が流れた途端
    奇声を上げてしまったという恥ずかしい思い出が…(苦笑)。
    また、「ALONE」のピアノ弾きたさだけに、
    生まれて初めてバンドスコアとゆーもの(この表現2回目^^;)を買いました。
    一応一通りは弾けるようになったんだよ…んが、こともあろうにわけあって紛失。
    多分今はもう普通に本屋さんで探してもないと思うので、
    先でオークション等で買おうかなと本気で悩んでます。

    何と言っても松本さんのギターがすごい!歌詞の内容はさておき(苦笑)
    「快楽の部屋」のイントロなんて未だに鳥肌がたちます。
    そして稲葉さんの洋楽さながらのかっこいいヴォーカルセンスも健在で、
    日常会話に近くてわかりやすい歌詞も必見です。
    余談ですが早口で英語の多い歌を
    最初に歌えるようになったのはB'zだったりします(爆笑)。

    ちなみに8曲目の「それでも君には戻れない」っていう曲があって、
    要は一緒に暮らしていた恋人同士がいて、男の人が寝ている間に
    女の人が合鍵と置手紙置いて出て行ってしまったっていう場面があるんですね。
    当時何だかそのシチュエーションに感銘受けたのかよくわかんないけど、
    文化祭みたいな学校行事の一環でイラスト募集していて、
    そのシーンのイラストを私なりに描いて出した覚えがあります。
    多分もうそのイラストは残ってないと思いますが、
    嫌にはっきりと目に浮かんだ光景だったので、
    それをペンと色鉛筆で具体的に表現したくなったからだと思います。
    それだけ詞の描いたシーンが見えた曲だったのでしょう。

    B'z「OFF THE LOCK」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:42
    1.君の中で踊りたい
    2.HURRY UP!
    3.NEVER LET YOU GO
    4.SAFETY LOVE
    5.GUITAR KIDS RHAPSODY
    6.夜にふられても
    7.LOVING ALL NIGHT
    8.OH!GIRL
    9.ROSY
    10.OFF THE LOCK

    松本さんがラジオ番組で「逆ヒット」と言っていたアルバムだけに(苦笑)、
    当時はあまり売れなかった背景がありますが、
    私はデビューアルバムと共に結構好きです。
    女の人ってバラードに弱いって聞きますがワタクシも例に漏れずで、
    とりわけ3曲目「NEVER LET YOU GO」はすごく好きな曲。
    でもこの当時のB'zのサウンドって、私はあまりそう感じなかったけど
    どうしてもTMNに似てるって言われてた時代背景があったみたいですね。
    B'z結成前は松本さん自身TMNでもギター弾いていたわけだし、
    何らかの影響は受けていたと思うんですが、
    個人的にはそれよりもどこぞの洋楽の影響の方が強いんじゃないかと
    のちのち思うようなことがちらりほらりと…(苦笑)。
    これ言い出したらキリないと思うけどね。

    この頃はまだ今ほどのB'zらしさっていうのは出てきてないけど、
    曲自体は本当にすばらしいので今聞いてて
    古さを感じたりもしないし、いい曲が多いと思います。

    B'z「BREAK THROUGH」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:42
    1.LADY-GO-ROUND
    2.B・U・M
    3.BREAK THROUGH
    4.BOYS IN TOWN
    5.GUITARは泣いている
    6.LOVE & CHAIN
    7.となりでねむらせて
    8.HEY BROTHER
    9.今では…今なら…今も…
    10.SAVE ME!?
    11.STARDUST TRAIN

    実を言うと、このアルバムはワタクシCDより先にバンドスコアを買うと言う、
    よくわからない順序を踏んでしまいました。
    というのはB'zのスコアを探していて、当時は
    「IN THE LIFE」とこれしか出てなかったんですよ。
    だったらCD買ってからスコア買えばいいものを、
    何を血迷ったか順番が狂ってとりあえずスコアを買ったのでした(意味不明)。

    で、ここの辺りから今のB'zらしさの片鱗が見えてきたかな〜と
    勝手に私が思う(オイ)アルバム。
    メロディにかなり言葉詰め込んでて曲覚えるのは大変だったし、
    英語も洋楽並の難易度を極め、
    まして転調の嵐(バンドスコアからの引用←爆笑)で、
    とにかくひと通り歌えるようになるのにかなり苦労した記憶が。
    10代後半だったので、この頃覚えた曲って
    久しぶりにカラオケ行ってもすんなり歌えたりするんだよねー。

    で、後日ジミ・ヘンドリックスの「PURPLE HAZE」なる曲をチラッと聞いたところ、
    10曲目の「SAVE ME!?」って絶対モロに
    ジミヘンっぽいと思ったんですが、同意見多数でしょう。

    B'z「B'z」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:42
    1.だからその手を離して
    2.Half Tone Lady
    3.ハートも濡れるナンバー〜stay tonight〜
    4.ゆうべのCrying〜This is my truth〜
    5.Nothing To Change
    6.孤独にDance in vain
    7.It's not a dream
    8.君を今抱きたい
    9.Fake Lips

    ギタリストの松本さんのページがあるんだから、
    これはなきゃ始まらんでしょ!と自分でも思ったのと、
    久々に手元に音源が来たこともあり、
    元B'zファンといたしまして(苦笑)コメントをしたいと思います。
    kaedeのRockはここに始まる!いやマジで。

    私が目当てのアーティストの音源をコンプリ(あくまで当時ですが)し始めた、
    最初の存在とも言えます。バンドスコア買ったのもB'zが最初です。
    一つのバンドに極端なまでのめり込み、
    kaedeの高校生活のほとんどを占めた存在(^^ゞ。
    でもライブに行ったのは高校卒業した後でした。
    他のアーティストに比べて若干文章多めなのは……ご愛嬌で(え)。

    いわずと知れたデビューアルバム。
    当たり前ですが稲葉さんも松本さんも若いこと(笑)。
    確かB'z結成前に稲葉さんとはスタジオで一度セッションをやってみて、
    稲葉さん本人は「全然ダメだった…」と思いながら肩を落として帰ったものの、
    松本さんは「彼しかいない!」と決めていたとか。
    (ラジオ番組で話してたと思うけどうろ覚え)
    この当時稲葉さんは
    「自分が書いた詞を歌うのが恥ずかしかった」
    とおっしゃっていたそうで、それから数年してあれだけの詞を書くようになるのだから、
    人生わからないものですね〜(何を偉そうに)。

    今でこそB'zの楽曲は全て稲葉さんが詞を、松本さんが曲を書いていますが、
    この当時は珍しくいわゆる「外注」という形で松本さん以外の方の書いた曲や、
    稲葉さん以外の方が書いた詞が各1曲入ってました。
    今のB'zの雰囲気はほとんどない、と言ってもいいんじゃないかと思います。
    売れ行きもあまりよくはなかったようですが、いい曲多いし
    今とは違った歌い方の稲葉さんも新鮮で、私は好きです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM