スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    浜田麻里「Live History 1985〜1992」

    • 2009.09.29 Tuesday
    • 04:53

    DVDのレビューになりますね。
    日記ブログの方で書いていた記事をほぼそのままこちらに持ってきました。

    高校生の時からカラオケで歌ってたりしてる割には、
    動く麻里さんを見る機会はほとんどなかったワタクシでしたが、
    収録されてる23曲中19曲知ってるって……そんなに音源持ってる方じゃないのにね。

    ワタクシごときが偉そーなことなどとても言えた立場ではありませんケド、
    何かねぇ、今まで見たプロのヴォーカルさんの中では一番と言ってもいいくらい、
    学ぶところがいっぱいあるし本当にすばらしい実力をお持ちだな〜、と
    映像見ながらつくづく思いました。
    音楽的なことなんてろくすっぽ知らない(今だって大してわかっちゃいないが)頃から
    いいな〜と思っていた麻里さんが何故こんなにすばらしいのかが、
    大なり小なりわかるようになったのなら、ちょっとは成長したのかしら?←思い込み

    ちなみに曲はこんなです。

    01.MISTY LADY
    02.FROM LONG AGO
    03.SPACER
    04.TOKIO MAKIN' LOVE
    05.RUNAWAY FROM YESTERDAY
    06.DON'T CHANGE YOUR MIND
    07.BLUE REVOLUTION
    08.PARADISE
    09.LOVE TRIAL
    10.VOICE OF MINDS
    11.STORMY LOVE
    12.SATURATION
    13.PROMISE IN THE HISTORY
    14.SELF-LOVE
    15.ALL NIGHT PARTY
    16.RETURN TO MYSELF
    17.MY TEARS
    18.HEART AND SOUL
    19.EASY-GOING
    20.NOSTALGIA
    21.TELE-CONTROL
    22.PRECIOUS SUMMER
    23.TOMORROW

    これをライブVer.で聞きたかったな〜と思う曲が結構収録されていたので、
    ワタクシ的にはかなりアタリでした。

    しかし麻里さんって一人じゃ歌えない曲ばっかりだな^^;。

    浜田麻里「ROMANTIC NIGHT」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:45
    1.DON'T CHANGE YOUR MIND
    2.VIOLENCE FIRE
    3.FROM LONG AGO
    4.XANADU
    5.LOST MY HEART
    6.ROMANTIC NIGHT
    7.SHADOW
    8.CAN'T STOP THE ROCK'N ROLL
    9.JUMPING HIGH
    10.SO LONG

    「LUNATIC DOLL」と同時に買いました。
    要は初期のメタルな曲を知りたいと思ったからです。
    この後に出た「Misty Lady」以降の作品は当時あまり興味がなかったので、
    結果として虫食いになるわけですが(^^ゞ。
    今は可能な限りコンプリ目指したいんだけどね。

    こちらも前作同様樋口プロジェクトチームによるアルバムであり、
    かなりメタル色の強い1枚。
    厳密には私が初めて「ヘヴィメタル」な麻里さんの歌を聞いたのは
    2曲目の「DON'T CHANTGE YOUR MIND」になります(2枚組ベスト収録)。
    でも全体的にはそんなヘヴィメタ!って感じではないかな。
    ところでその「DON'T〜」、聞けば比較的最近のライブでも歌ってたそうで。
    「現在」の麻里さんの歌う「DON'T〜」も聞いてみたい気がしますね。

    そうそう、実は7曲目「SHADOW」も、もともと
    MAKE-UPのデビュー前のデモテープ曲(タイトルは「SHADOW ZERO」)です。
    驚くべきなのは、前述の「RUNAWAY〜」もそうですが
    このデモテープでの山田信夫さん(MAKE-UPのVo.)と
    麻里さんのキーが同じだってこと。
    (男声と女声だから厳密には同じじゃないんだろうけどね)
    麻里さんのアルバムで山田さんの歌唱力のすごさを目の当たりにするという、
    どこかあまのじゃくなワタクシでした。

    浜田麻里「BLUE REVOLUTION」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:45
    1.Blue Revolution
    2.Helter Skelter
    3.Love Trial
    4.Empty Heart
    5.Stormy Love
    6.Another Way
    7.Keep On Dream
    8.Hard Dancin'
    9.What About Love

    一応「LUNATIC DOLL」と「ROMANTIC NIGHT」と同時に買った(ハズ)ですが、
    このアルバムだけは買った動機がちょっと違います。
    実はワタクシ大尊敬するB'zのギタリスト松本孝弘さんが
    パーソナリティーを務めるラジオ番組「BEAT-ZONE」で、
    松本さんのミュージシャン活動を振り返る期間があり、
    その中で実はこのアルバムに松本さんがギターで
    全曲参加しているという話があったのです。
    その時番組内でかけていたのが
    タイトル曲である1曲目「Blue Revolution」と4曲目「Empty Heart」でした。
    最終的に買う決め手になったのは、CDについていた帯に、
    Beatlesのカバーである「Helter Skelter」が入ってる、と
    書かれていたことだったりもします(爆笑)。
    あ、それと麻里さんと松本さんによる曲「Stormy Love」も決め手になってますよ。

    改めて聞くとこの頃の彼女の歌い方は、
    メタルからポップス方面へ転向している最中といった印象を受けます。
    2曲目の「Helter Skelter」なんて全体的にメタルの色強いしね。
    でももともと麻里さんの歌うバラードはヘヴィメタ色の濃いときから
    すごく優しくて聞きやすい印象がありましたです。

    そうそう、9曲目の「What About Love」もカバーで、
    確かこれは「HEART」というバンドのカバーです。
    妙な話そのHEARTを知ったきっかけというが、
    松本さんの番組で曲がかかってたことで、
    のちに私はその「What About Love」の入った
    ベスト版を探して買いました。ああCDが増える…。

    一方曲作りにほぼMAKE-UPのGt.松澤浩明さんとKey.の河野陽吾さん、
    演奏面では河野さんや、VOW WOWの厚見玲衣さんも参加するなど、
    サウンド的にも結構ゴージャス。

    あと、後日VOW WOWバージョンの「Helter Skelter」を聞く機会があり、
    そこで驚いたのは人見元基さんが
    麻里さんと同じキーで歌っていたことでした…化け物だ(>_<;)。

    どうでもいいことですが、このアルバムを知るきっかけになったラジオ番組にて、
    松本さんは「麻里ちゃんの作ってくる肉じゃががおいしかった♪」と言ってました。
    …って何でそんなこと覚えてるんだ私。

    浜田麻里「INCLINATION」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:45
    DISC ONE

    1.〜Love Maker〜
    2.Don't Change Your Mind
    3.Tokio Makin' Love
    4.All Night Party
    5.Runaway From Yesterday
    6.Heart Line
    7.Misty Lady
    8.Paradise
    9.Last Scene
    10.Hard Dancin'
    11Another Way
    12.Memory In Vain
    13.Forever
    14.Blue Revolution
    15.My Tears
    16.Heart And Soul
    17.〜Hearty My Song〜

    DISC TWO

    1.Company
    2.Cry For The Moon
    3.Promise In The History
    4.Tele-Control
    5.Voice Of Mind
    6.Call My Luck
    7.Nostalgia
    8.Tommorow
    9.Anti-Heroine
    10.Heaven Knows
    11.Paradox
    12.Border
    13.Precious Summer
    14.Open Your Heart
    15.Over Ther Rainbow
    16.Return To Myself

    とりあえずベストから入ろう、というのは
    一番費用を抑える手っ取り早い方法ですが(^^;)、
    私の場合ベスト聞いて満足する場合もあれば、
    収録されていないものも聞きたくなって
    部分的にコンプリ目指してしまって、結局余計な出費になってしまうこともしばしば。

    彼女の場合は前半=1枚目でヘヴィメタルな一面を垣間見て
    他の音源を探す決意をする反面、
    2枚目つまり脱メタル以降はベストでほぼ用は済んでしまってます。
    もともと私がこのベストを買った動機というのが、
    「浜田麻里さんのヘヴィメタルとは何ぞや?」だったのですから。

    ライナーノーツが全然ないため時代背景がよくわかりませんが、
    どうやら日本でレコーディングされたものを集めたのが1枚目で、
    L.A.でレコーディングされたのが2枚目らしいです。
    時期的にもほぼ早い時期の音源が1枚目、
    後半のポップス色の強い作品が2枚目に集中してる感じですね。

    んで、確かにポップスなイメージから入ったワタクシですが、
    ポップスな麻里さんの曲もすごく好きなんですヨ。
    他の音源に興味が全くないわけではないのですが、
    この2枚組買った当時は前述したように
    ヘヴィメタルな浜田麻里さんの曲を知りたいという思いが強かったもので(^^ゞ。

    浜田麻里「LUNATIC DOLL」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:44
    1.NOAH
    2.TOKIO MAKIN' LOVE
    3.RUNAWAY FROM YESTERDAY
    4.LOVE MAKER
    5.BLACK HOLE
    6.ALL NIGHT PARTY
    7.MISTRESS
    8.SPACER
    9.LIGHTS
    10.BOTTOM ENERGY

    掲示板でもたびたび話題に出したことだし、
    文章もまとまってきたから(オイ)そろそろ世に出してもいいかな?てことで、
    ようやく日の目を見てレビューに登場しました。

    入口が「Return To Myself」で、
    現役で聞いたのが「Cry For The Moon」だったので、
    デビュー当時がヘヴィメタルだとは全然知りませんでした。
    でも男性Vo.のHM特有(?)の甲高いキーを
    さらに上回るハイトーンボイスは脱帽です。

    kaedeが高校生当時はその「Cry For The Moon」がカラオケの十八番で、
    例によって以下のとおりの音源集めて、勉強そっちのけで歌覚えてました。
    当時クラスメイトで浜田麻里さん歌うのは
    私しかいなかったので、まさに独壇場でしたね(爆笑)。

    んで、私がいつも「Cry For The Moon」を歌ってたために、
    元の曲が知りたくなってシングル買ったよ〜、と言ってきた
    友達がいたのは小さな自慢です。ほっほっほ。

    2枚組ベスト「INCLINATION」であまりにもメタルな曲を聞いてから、
    他の曲も知りたくなって買いました。
    1曲目からしてポップシンガーのイメージが全然ありません。
    このアルバムの出た当時ってモロにジャパメタブーム真っ盛りで、
    その流れとしてあの有名と言われている「麻里ちゃんはヘヴィメタル」という
    キャッチコピーでデビューを果たしたのかなと思います。
    確かLOUDNESSの樋口宗孝さんによる
    プロジェクトチームによって全面的(…多分^^;)に
    プロデュースされたアルバムで、ドラムは全て樋口さんが叩いております。
    当時20歳にして恐るべし歌唱力!私自身当初ポップスのイメージ強かっただけに、
    個人的には何もヘヴィメタ歌わせなくてもいいんじゃないかっていう歌声なんですが、
    難なくヘヴィメタ歌えちゃう実力を持ってますね。
    買った当時は当時の女性ヘヴィメタシンガーを他によく知りませんでしたが、
    彼女の歌声は間違いなくすばらしいと思ったものです。

    ちなみに3曲目の「RUNAWAY FROM YESTERDAY」は、
    もともとMAKE-UPのデビューのきっかけになった曲で、
    樋口さんのソロアルバム「破壊凱旋録」に収録されたものを、
    その後麻里さんが歌っている、というわけです。