スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    HELLOWEEN「TREASURE CHEST」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:35
    DISC ONE

    1.Mr. Torture
    2.I Can
    3.Power
    4.Where The Rain Grows
    5.Eagle Fly Free
    6.Future World
    7.Metal Invaders
    8.Murderer
    9.Starlight
    10.How Many Tears
    11.Ride The Sky
    12.Halloween
    13.A Little Time
    14.A Tale That Wasn't Right
    15.I Want Out

    DISC TWO
    1.Keeper Of The Seven Keys
    2.Dr. Stein
    3.The Chance
    4.Windmill
    5.Sole Survivor
    6.Perfect Gentleman
    7.In The Middle Of A Heartbeat
    8.Kings Will Be Kings
    9.The Time Of The Oath
    10.Forever & One
    11.Midnight Sun
    12.Mr. Ego
    13.Immortal
    14.Mirror, Mirror

    デビュー・ミニアルバム「HELLOWEEN」から
    「THE DARK RIDE」までの作品から
    選りすぐりの曲を集めた2枚組ベストアルバム。
    カイ・ハンセン〜マイケル・キスク〜アンディ・デリスと
    3人の歴代ヴォーカリストの曲が一堂に会した作品。
    「THE BEST〜」と同じ収録曲もあるわけですが、
    5曲リミックスが加えられております。
    私みたいなカボチャ初心者にはちょうどいい作品なんですが、
    これも何となくかなり叩かれてる気のするという…
    賛否両論は否めませんが私にとっては結構いい選曲だと思っております。
    これを聞いて収録されてないほかの曲も気になるか、
    これだけあればいいやと思うかってことでしょう。
    私は前者なのでその後アルバムがどんどん増えてったわけです。

    HELLOWEEN「THE DARK RIDE」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:34
    1.BEYOND THE PORTAL
    2.ALL OVER THE NATIONS
    3.MR. TORTURE
    4.ESCALATION 666
    5.MIRROR, MIRROR
    6.IF I COULD FLY
    7.SALVATION
    8.THE DEPAETED(SUN IS GOING DOWN)
    9.I LIVE FOR YOUR PAIN
    10.WE DAMN THE NIGHT
    11.IMMORTAL
    12.THE DARK RIDE
    13.THE MADNESS OF THE CROWS

    これまた結構お気に入りです。
    んが、この作品を最後にローランドとウリが脱退してしまうのでした(号泣)。
    その後のメンバーの音源は現時点(2005.4月)ではまだ買っておらず、
    聞いてみないことには好きか嫌いかわかりませんが、
    興味はあるので先で買うつもりです。
    経済的な理由やタイミングモロモロでなかなか実現しないんですが(涙)。

    このアルバムは全体的にHELLOWEENらしさもあれば、
    新しい面も感じられるような気がします。
    個人的には「SALVATION」「THE DEPAETED(SUN IS GOING DOWN)」
    「THE DARK RIDE」が好きです。
    「SALVATION」はイントロで度肝抜かれます。
    「THE DARK RIDE」はこれぞHELLOWEEN!と思えるスケールのでかい曲。
    スケールもでかけりゃ時間も長い(オイ)。でも好きだ。

    HELLOWEEN「The Time Of The Oath」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:34
    1.We Burn
    2.Steel Tormentor
    3.Wake up the Mountain
    4.Power
    5.Foever and One(Neverland)
    6.Before the War
    7.A Million to One
    8.Anything my Mama don't Like
    9.Kings will be Kings
    10.Mission Motherland
    11.If I Knew
    12.The Time of the Oath

    ノストラダムスの予言の話をモチーフにした曲が点在していて実に面白い。
    なのに私が一番好きなのはノストラダムスにちっとも関係のなさそな
    「STEEL TORMENTOR」だったりします。
    このアルバムに限らずHELLOWEENで一番好き。
    知り合いが聞かせてくれたさまざまなHR系の曲の中に、
    たまたまこの曲があったのがカボチャバンドに大ハマリしてしまうきっかけでした。
    そんなに速い曲じゃなさそうで、冷静に聞いたら結構大変な曲みたいだけどね^^;。
    また「If I Knew」はバラードですが、
    低音域から高音域にかけてすごく切々と歌い上げる
    アンディの声が結構ツボです。マイケル・キスクの声も嫌いじゃないんですが、
    たまたまHELLOWEENだとわかって意識して聞いたのは
    「STEEL〜」が最初なのもあって、アンディの声の方で印象ついてしまってます。
    「Master of the Rings」でも書いたライブDVDで聞いたのがきっかけで
    好きな曲が1曲増えました。「Power」という曲なんですが、
    ヴァイキー(マイケル・ヴァイカート)とローランドによる
    ツインギターのメロディーに合わせて
    お客さんに大合唱させててすごくかっこいいんです。
    それまではそんなに好きな曲じゃなかったんですがね(^^;)。
    ライブVer.聞いて好きになったと言う典型的なヤツですよ、ハイ。

    で、このアルバムもカボチャがとにかくかわいいの!!
    …しかし本当は私、カボチャあんまり好きじゃないんだけどねぇ…
    ハロウィンのカボチャは食用じゃないからまぁいいか(いいのか?)。

    HELLOWEEN「Master of the Rings」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:34
    1.IRRITATION
    2.SOLE SURVIVOR
    3.WHERE THE RAIN GROWS
    4.WHY? 5.MR. EGO(TAKE ME DOWN)
    6.PERFECT GENTLEMAN
    7.THE GAME IS ON
    8.SECRET ALIBI
    9.TAKE ME HOME
    10.IN THE MIDDLE OF A HEARTBEAT
    11.STILL WE GO
    12.CAN'T FIGHT YOUR DESIRE
    13.GRAPOWSKI'S MALMSUITE 1001(IN D-DOLL)

    結構好きなアルバムです。
    この作品でVo.がアンディ・デリス、Dr.がウリ・カッシュに変わっております。
    歌い手が変わることはバンドにとってはかなり大きなことだとは思うんですが、
    今聞いてみたら確かにそれまでのHELLOWEENのイメージとは
    多少……いや、かなり違うんでしょうね。
    もし私がマイケル・キスク時代からHELLOWEENを好きでよく聞いていたのなら、
    自分がこのアルバムを受け入れられたかどうかはわかりません。
    私の場合、後の「THE TIME OF THE OATH」でも触れますが
    HELLOWEENを好きになった音源自体がアンディ・デリスの歌声だったもので。
    このアルバムの2曲目「SOLE SURVIVOR」は
    ゼヒともライブで聞いてみたいと思ったもんです。
    その後ライブDVDを買ったので一応その小さな願いは叶いました(^^)。
    「WHERE THE RAIN GROWS」「WHY?」「Mr.EGO」
    「PERFECT GENTLEMAN」「IN THE MIDDLE OF A HEARTBEAT」と
    全体的にかなり好きな曲が多いです。
    恐ろしいことに今書いた曲全部ライブDVDで聞けるんですよ〜♪

    HELLOWEEN「PINK BUBBLES GO APE」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:33
    1.PINK BUBBLES GO APE
    2.KIDS OF THE CENTURY
    3.BACK ON THE STREETS
    4.NUMBER ONE
    5.HEAVY METAL HAMSTERS
    6.GOIN' HOME
    7.SOMEONE'S CRYING
    8.MANKIND
    9.I'M DOING FINE, CRAZY MAN
    10.THE CHANCE 11.YOUR TURN
    12.SHIT AND LOBSTER

    いろんなレビューを徘徊してると、全体的にあまり
    いい評価されてないように思われるこの作品ですが、
    ワタクシは結構いいアルバムだなと思います。
    ま、聞いた当初はそうでもなかったことは素直に白状しておきますが(オイ)。
    何回か聞いていると味のある曲が多いです。

    ここではローランド・グラポウ加入後初のアルバムですが、
    そのローランド作の「THE CHANCE」が、
    後に発売された2枚組ベスト「TREASURE CHEST」に
    唯一入っていた曲で、その中でも比較的耳に残っていた曲です。
    あとプロモビデオには2曲目の「KIDS OF THE CENTURY」が収録されており、
    ライブ風の演奏シーンが結構ハマりました。
    また「KIDS〜」同様にシングルカットされている「NUMBER ONE」の
    「運命は常におまえを正しい方向に導く おまえはNo.1になるのさ(訳詞より引用)」
    というとても前向きな詞にすごく勇気づけられました。
    前出の「THE CHANCE」も元気の出る曲で、
    アンディ・デリス加入後のライブDVDにて
    Vo.がアンディ・バージョンで収録されておりますが、
    いい曲はいい!ちなみに私はどっちのVo.バージョンも好きです。

    HELLOWEEN「THE BEST・THE REST・THE RARE」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:33
    1.I WANT OUT
    2.DR. STEIN
    3.FUTURE WORLD
    4.JUDAS
    5.WALLS OF JERICHO
    6.RIDE THE SKY
    7.HALLOWEEN
    8.LIVIN' AIN'T NO CRIME
    9.SAVE US 10.VICTIM OF FATE
    11.SAVAGE
    12.DON'T RUN FOR COVER
    13.KEEPER OF THE SEVEN KEYS

    名前だけは知っていたものの、音源まではなかなか聞く機会がありませんでした。
    加えて彼らがジャーマンメタル=ドイツのバンドだってことも、
    音源をちゃんと聞くまで全く知りませんでした。
    よってリアルタイムで聞いていたわけではありませんが、
    こういうバンドもいたんだなという新しい発見とともに、
    音楽の幅がまた一つ大きく広がりました。
    持ってるアルバムを全部コメントしたいのですが、
    とりあえず比較的早い時期(ってほどでもないか)から
    手元にあった音源を優先していろいろ書いております。

    さて、こちらは初期にVo.を兼任していたギタリストのカイ・ハンセンが脱退して、
    新しくローランド・グラポウが加入したことにより一つの区切りを迎えた
    彼らの軌跡をたどったベスト版、といったところでしょうか。
    (↑ほとんどライナーノーツの受け売り)
    1から音源買い集めるのが大変ならベスト版が手っ取り早いわけですが、
    かなり有名どころをおさえてるのでオススメです。
    1曲目の「I WANT OUT」からしていきなりぶちかましてくれます。
    サウンドのボトムを支えるインゴ・シュヴィヒテンバーグのツーバスは迫力だし
    マーカス・グロスコフのベースも目立たないようでいて
    結構かっこいいフレーズがあちらこちらにあるし、
    マイケル・キスクのハイトーンヴォイスは只者じゃござんせん。
    ギターはソロもさることながらマイケル・ヴァイカートとカイのバトルがすごいの何の。
    カイがVo.をとった「JUDAS」「RIDE THE SKY」も入っております。
    13分の大曲「HALLOWEEN」や
    「KEEPER OF THE SEVEN KEYS(邦題:守護神伝)」もあるため、
    13曲にしてはかなりのヴォリューム。しかし退屈はしないんですな。
    私は「SAVAGE」をライブでぜひ聞きたいと思いましたね。

    あとジャケットのカヴァーアートのカボチャがかわいい♪