スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    浜田麻里「LUNATIC DOLL」

    • 2009.09.11 Friday
    • 13:44
    1.NOAH
    2.TOKIO MAKIN' LOVE
    3.RUNAWAY FROM YESTERDAY
    4.LOVE MAKER
    5.BLACK HOLE
    6.ALL NIGHT PARTY
    7.MISTRESS
    8.SPACER
    9.LIGHTS
    10.BOTTOM ENERGY

    掲示板でもたびたび話題に出したことだし、
    文章もまとまってきたから(オイ)そろそろ世に出してもいいかな?てことで、
    ようやく日の目を見てレビューに登場しました。

    入口が「Return To Myself」で、
    現役で聞いたのが「Cry For The Moon」だったので、
    デビュー当時がヘヴィメタルだとは全然知りませんでした。
    でも男性Vo.のHM特有(?)の甲高いキーを
    さらに上回るハイトーンボイスは脱帽です。

    kaedeが高校生当時はその「Cry For The Moon」がカラオケの十八番で、
    例によって以下のとおりの音源集めて、勉強そっちのけで歌覚えてました。
    当時クラスメイトで浜田麻里さん歌うのは
    私しかいなかったので、まさに独壇場でしたね(爆笑)。

    んで、私がいつも「Cry For The Moon」を歌ってたために、
    元の曲が知りたくなってシングル買ったよ〜、と言ってきた
    友達がいたのは小さな自慢です。ほっほっほ。

    2枚組ベスト「INCLINATION」であまりにもメタルな曲を聞いてから、
    他の曲も知りたくなって買いました。
    1曲目からしてポップシンガーのイメージが全然ありません。
    このアルバムの出た当時ってモロにジャパメタブーム真っ盛りで、
    その流れとしてあの有名と言われている「麻里ちゃんはヘヴィメタル」という
    キャッチコピーでデビューを果たしたのかなと思います。
    確かLOUDNESSの樋口宗孝さんによる
    プロジェクトチームによって全面的(…多分^^;)に
    プロデュースされたアルバムで、ドラムは全て樋口さんが叩いております。
    当時20歳にして恐るべし歌唱力!私自身当初ポップスのイメージ強かっただけに、
    個人的には何もヘヴィメタ歌わせなくてもいいんじゃないかっていう歌声なんですが、
    難なくヘヴィメタ歌えちゃう実力を持ってますね。
    買った当時は当時の女性ヘヴィメタシンガーを他によく知りませんでしたが、
    彼女の歌声は間違いなくすばらしいと思ったものです。

    ちなみに3曲目の「RUNAWAY FROM YESTERDAY」は、
    もともとMAKE-UPのデビューのきっかけになった曲で、
    樋口さんのソロアルバム「破壊凱旋録」に収録されたものを、
    その後麻里さんが歌っている、というわけです。

    スポンサーサイト

    • 2015.01.02 Friday
    • 13:44
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << January 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM